個人債務調査

個人の信用度を計る上で債務の有無並びに債務状況を知っておくことはとても重要な情報です。

表面上、温厚で真面目に見え、周辺から聞こえてくる人柄もいかにも素晴らしく良好な人物であったとしても多額の債務があったらどうでしょう。 その人物に対する印象が大きく変わってきませんか?

債務と言っても簡単に言えば個人が出来る借金です。

確かに親、兄弟、友人からした債務(借金)についてはどんな探偵、興信所等の調査機関を利用したとしても判明させることは難しいと思います。 まさか対象者の家族や友人に直接聞き込みを実施したとしても絶対に教えてくれません。 むしろ調査機関のスタッフを怪しむだけの結果に終わってしまいます。

しかも調査に来たことが対象者に筒抜けとなってしまいます。 当探偵事務所でも親族、友人からの債務調査は正直、不可能です。

しかし、銀行、信販、サラリーマン金融とも言われる消費者金融業者など金融機関からの個人債務についての調査は可能です。 又、破産情報や金融機関のブラック情報などについても調査は可能です。
正直、探偵、興信所などの調査機関でも債務調査が出来るところは限られているみたいですが当探偵事務所はその限られた調査機関のひとつです。

個人の信用を計る状況とはどういった事態が想定されるのでしょうか?

まず結婚相手です。
交際以前の段階の人から既に結婚相手と決めた人の場合でも決して遅くはありません。 結婚を視野に入れて交際している相手に多額の債務のあることが判明したらどうでしょう。 隠し事をしていた事にも懸念は残りますが誰でも将来的に不安が募るのは当然です。

しかも仮に個人債務があっても「ない」と否定する人が多いのが現実かもしれません。 このように個人債務を持っている人が交際する以前より正直に打ち明ける人は少なく、深い交際に発展して後に話してくれたとしても少額を申告している人の方が多いかもしれません。 多額の債務を持っている事は結婚に支障をきたす問題だと知っているからこそ隠したがるのですから。

何も知らぬまま結婚した後に配偶者に多額の債務が発覚したらとお考えになった事はありますか?
それこそ結婚生活を維持、継続できるかの大問題へと発展してしまいます。
やはり結婚は夢を持っての第2の人生のスタート地点です。
そのスタート地点からつまずくような要点は交際期間から把握しておくことが重要と考えます。

次に採用の際の選択肢です。

学歴、職歴などの経歴やスキルがどんなに素晴らしく立派であっても多額の債務を抱えている人物であったらどうでしょう。 実際に多額の債務を抱えている社員が顧客情報、機密情報、金品などをごまかし、売却したというニュースが後を絶ちません。

債務があるからお金と引き替えにできる機密情報や金品に手を出してしまうのです。 そんな社員を雇っていた場合、会社の信用問題にも大きな傷を付けてしまいます。

採用の際に債務調査を実施するばかりではなく、既に入社している現社員についても同様に債務調査をするべきなのです。 入社後に多額の債務を抱えてしまった人もいるのです。

住宅ローンならまだしも異性関係やギャンブルなどによって多額の債務が確認されれば、いつか機密情報や金品に手を出すかもしれません。 機密情報や経理などに携われる社員の現状実態を調べておくことも傾斜の無経営する上で重要な事なのです。 こういった危機管理の元、債務調査を依頼する会社も実際増加してきています。

更に友人関係にも言えます。
共同出資やそれこそ金品の貸借関係にも大きな影響を与えます。 共同で出資したりするケースでもその友人に多額の債務が判明したら共同で何かをしますか?
何かに困っていて借金を頼まれたが既に多額の借金があったらそれでも貸しますか?
いいように利用され騙されているかもしれないと思い断るはずです。 当然のように友人は債務はないと言ってくるでしょう。 鵜呑みにしてよいのでしょうか

個人の信用を計る上でこの債務調査の重要性は再認識された事と思います。
絶対に損のない調査です。
まったく債務がなければ対象者の信用度も高くなります。

もし債務があったとしてもその使途理由にも大きな差が出てきます。
住宅を購入した事によるローンや親族などに健康上の問題があり、その医療費の負担などといった理由ならある程度理解でき、共感できるのですがパチンコ、競馬、競輪などのギャンブルにのめり込んでいたり、異性関係におけるトラブルでの債務となると話は大きく変わってきます。

もし債務が発覚したらその点をも含めて素行調査なども検討されるべき事です。

尚、この債務調査では闇金など無許可の金融業者からの情報はまったく得られませんが闇金からの債務のある人は殆ど銀行、信販、サラ金など正規の金融業者で限度額一杯の債務があるか返済滞納などのブラックとなっている人ばかりですので通常の債務調査で十分な信用度は測れます。

また、当然の如く、法人信用調査の一環として代表者個人についての債務情報も重要です。 経営している企業や店舗での決算書には大きな問題がなくても代表者個人に金融機関からの多額の債務が発覚したら根本的に企業の信用も一変してしまいます。 このように裏側から見える部分においてもお役に立てるのが債務調査の特徴でもあります。

債務調査のご用命は当探偵事務所までご来社(要予約)して頂くかご指定の場所、お時間に担当相談員を無料で派遣致します。 尚、債務調査の料金、期間につきましては多少変動する事もありますのでその都度、お問い合わせ下さい。