所在調査

所在判明に必要な情報

所在不明な人物の居場所をお知りになりたい。
しかし、携帯電話番号以外に手ががりとなる情報が無い。
今現在、探偵への所在調査のお問い合わせの中で圧倒的に多いケースがこの携帯電話に関する所在調査というケースでしょう。
なにしろネットなどで知り合い、実は本名も知らなかったという人も多く、そんな間柄でもネット上では信頼しあい親友関係であったというのです。

少し前まででは信じられないケースがこのネット社会によって構築されているのです。 そんな信頼していた相手に裏切られ、騙され、当探偵事務所に相談にお見えになるのです。

居場所が特定可能な情報が少ない状況で探偵に出来る調査にも限りがあります。 如何に探偵の経験が豊富であっても「情報なく居場所が特定」することはまずありえないのです。

どのような情報が所在調査の所在不明者捜索に必要かと申し上げますと「正確な氏名と生年月日」が基本にあり、過去の職業やその職業に関わるゆかりの地等も重要な情報となります。

他には「交遊関係からの所在判明」の可能性を視野に入れた所在調査の場合には「趣味で頻繁に足を運ぶ場所」などが所在が判明する情報として大きな可能性があるのです。 多くの人物は「ある一定の立ち回り先を繰り返し利用」することが常識的に考えられ「信頼度が高い立ち回り先の情報から所在が判明」する可能性は比較的高いと言えるのです。

所在調査で好ましくない考え方の代表となる「携帯電話の申し込み住所が現在の居住先と安易に判断」する人物が多くいらっしゃいますが「理由があって行方不明となっている人物」であった場合には「申し込み住所が居住先である可能性は低い」と考えられるのです。

数ある情報を幾つか「可能性順に調査して」初めて濃厚な居住先が見えてくるものなので「お持ちの情報が多い程」短期間に複数の可能性を調査することで所在判明となるのです。

居場所をお知りになりたい理由が違法なケース「犯罪に関わる所在調査」や「DVやストーカー規制法に関わる内容の所在調査」等は探偵が調査委任契約をする ことは「探偵業法に違反」するため絶対にないので論外と言えます。

そして、ご夫婦間でパートナーが「ある日、突然に家出」のようなケースでは携帯電話番号以外の情報が無い所在調査は「契約者情報が開示」されない限り、居場所が判明することが望めないと言えるのです。

皆さんご存知かと思いますが事件性の無い行方不明者の警察の捜索は判明に時間を要します。 唯一の手がかりである「携帯電話会社から情報が得られない」状況でどのような捜索が可能なのか?
直接、当探偵事務所にお問い合わせ下さい。

地方からの家出人捜索依頼

探偵が実施する家出人捜索の手法はシンプルと言えます。
家出人が立ち寄る可能性が高い場所を重点的に捜索し「利用した痕跡や情報を得る」というものです。

特に未成年の人物が家出して東京圏に行っている可能性が高いなどの事前情報がご依頼者から得られるならば「家出人がどこに滞在して頻繁に出没」等の情報が得られるまで地道な調査を実施するのです。

昨今は学校生活になじめないお子さんが5月から9月の間に「家出人となる」ケースが多く「環境の変化に対応できないお子さんの家出」の相談が圧倒的に多いと言えるのです。

そのようなお子さん達は趣味や共通の好みを通じて知り合った者同士が接点を持ち、「居住している地域や距離に関係なく交流を持つ」等は現代の若者の間ではごく普通な状況と言えるのです。

多くの家出人の意識には共通した感情が存在し「自身が家出をした認識が薄い状態」で遠方の知人宅にお世話になる等の考えが働いていると言えるのです。 しかし、遠方の知人が全て良い人とは限りませんしむしろ何かしら悪意が持ってそそのかしている可能性も高いのです。

家出した未成年者が女子であった場合、強姦、売春などの性犯罪や薬物などの被害者になる可能性も高く、早急な捜索が必要です。

尚、お子様の中には命に関わる緊急性の家出もあります。
家出全般に言えることなのですが警察への捜索願いの届出は当然ですが命に関わる緊急性と判断されない限り、捜索はして貰えません。

通常、事件や事故に巻き込まれたり、職務質問されない限り、なかなか発見には至りません。 探偵事務所では家出人捜索には専属した調査員で捜索に当たります。

探偵が提案する有意義な所在調査と家出人捜索

より良い結果を依頼人にお届けしたいと考え「結果に執着した調査を実施する探偵の調査全般には誠意が存在」します。
悩みや問題を自身が実施する調査で解決したいとの思いや、調査を実施する責任を感じながら日々の調査活動に着手しているのです。

探偵としてのモチベーションの問題にも関わる話なのですが、「根気ある調査を実施できる探偵は結果もついてくる」ものなのです。
多くの調査を手掛ける探偵にあって「結果が出せる探偵」とはそのような人物であると言えます。 有意義な所在調査や家出人捜索は「探偵の責任感と根気強く高いモチベーションにより実施された調査によってもたらされる」結果と言えるのです。

依頼人の気持ちに届く調査を実施できる探偵ならば「依頼するに値する有意義な調査」を提供できると言えるのです。家出人捜索に必要な探偵の姿勢には欠かせない条件であると断言できるのです。