探偵以外の人物が撮影・尾行・張り込みを実施するリスク

探偵はご依頼者との間に調査委任契約を交わし情報収集を認められた職業です。
一般の方が探偵の業務である「尾行・張り込み・撮影」を実施するリスクは当然ですが存在します。
街中で他人を撮影する行為一つを考えてみて下さい。テクニックや経験値をもたない人物が街中で他人を撮影をすることがどんなに難易度が高い行為であるか実感されることでしょう。
そして、他人から認知されることなく撮影する探偵の技術は更に上を行く行為とたやすく理解することができます。

撮影以外の部分で尾行・張り込みという業務が探偵にはありますが、こちらも同様に一般の方が安易に実施しますと「軽犯罪に抵触」する可能性が非常に高いことが考えられます。
探偵は訓練や経験により挙動不審な行為が調査現場で表面化することは有りません。しかし、全てにおいて初体験な人物が尾行や張り込みを実施しますと「挙動不審な行動が第三者の目にとまって」しまうのです。

このような状況が犯罪を取り締まる警察の目にとまらないわけがありません。
ご存知とは思いますが盗撮等の行為は「現行犯逮捕が鉄則」であるため、街中での挙動不審は軽犯罪で逮捕されやすい状況とも判断できるのです。
このようなリスクを承知の上で尾行・張り込み・撮影をご自分で実施される方は極めて少数と言えます。まして、ご自身が社会的責任を重んじる立場ある人物ならば尚更と言えるでしょう。

探偵は依頼人自身が調査をすることを勧めない

些細な調べ事であっても「現場での調査を一般の方が実施」することはリスクが生じることを理解していただけたことでしょう。
調査を職業としている探偵であっても「調査の大小に関わらず困難な場面」は存在するものです。
一般の方がご自身で調査を実施し欲している結果を得る行為は低確率で効率の悪いということが言えます。探偵を利用しなくとも「ご自身が現場で動く」ことは避けることが賢明な判断と言えるのです。

しかし、過去に実在したご依頼者のエピソードに「自身で多くのことを調べ上げたがどうしても現場での撮影が困難で相談」に訪れた人物が存在しました。
ご主人の浮気を確信し長期間の時間をかけてコツコツ堅実に対象者に気付かれないように全てたった一人で調べ上げた情報をもって相談におみえになった方でした。

この方の根気には探偵も脱帽する内容でした。

御主人が会社を退社するおおよその時間に始まり、浮気相手の女性宅に行くための利用経路などが事細かに情報として記してあったのです。
そして、御主人が帰宅した時間から逆算した「女性宅でのおおよその滞在時間」なども記してあったのです。

新米探偵よりも数段上を行く調査力をお持ちの依頼人であることは明確でした。

ここまでご自身で情報を得ているご依頼者の案件は成功報酬でお受けすることが礼儀であると判断し「ご主人が女性宅を訪問した出入りを複数回撮影に成功した場合の報酬」という形でご依頼を受けることとなりました。

通常の浮気調査などの時間料金でご依頼者が知る情報を重複して調査しても「探偵として何の意味もないと判断」した経緯からの成功報酬でした。

結果から申し上げると女性宅を出入りするご主人の証拠画像を複数回取得し、調査費用は取決め通りに成功報酬で探偵1名で6時間分の料金相当の金額設定での依頼完遂となりました。

このようなケースは異例中の異例と言えます。このような調査が実施可能なご依頼者は本当に稀なのです。

浮気調査の費用が捻出できないご相談者は後を絶ちません。だからといってこのように「うまく事が運ぶ案件」は本当に少数なのです。
多くの方はご自身で調べた結果、「浮気を疑っていることを気付かれてしまう」ことが関の山なのです。