尾行 犯罪

逃れられない有名人の浮気の代償

浮気は芸の肥やしとか、不倫は文化などと気軽に言い逃れができた時代は終わり、今の時代は婚姻関係にある男女を巡る恋愛問題には世間の厳しい目が向けられます。

芸能人や政治家、財界人などの有名人なら、週刊誌などのスクープや浮気相手の告白や訴えを通じて、知られることになれば、「そんなことは知らない。」「ただの友達です。」といった言い逃れはもはや通用しません。

謝罪会見を開いて納まればよいですが、多くの芸能人が活動休止や謹慎に追い込まれ、政治家にいたっては議員辞職に追い込まれるケースもあるほどです。

男性さえ涙ながらにテレビ画面を通じて奥さんに謝って初めて、どうにか世間の許しが得られればよいほうです。

さらに独身の有名人でも相手が既婚者だと気付いて交際すれば、世間の批判の的となり、活動休止などの処分に追い込まれます。

一般人だったら犯罪になる?

芸能人や有名人の場合、パパラッチに狙われるのは致し方ないこと、有名になった証拠と、いちいち警察を呼んだり、訴えたりすることはほとんどありません。

ですが、尾行されているのが一般人だったらどうなのでしょうか。

いかに浮気などの悪いことをしていても、知らない人に跡を付け回された場合や隠し撮りなどをされてプライバシーを侵害されるいわれはありません。

そもそも、夫婦としての契約に違反している場合や浮気は倫理上や道義上悪いことであったとしても犯罪ではないので、それを付け回されることに正当性があるのか疑問です。

もっとも、探偵は警察を通じて公安委員会に届け出をしており、クライアントからの依頼目的に即した範囲であれば、基本的に犯罪にはなりません。

クライアントの目的そのものが犯罪に該当する場合や道義上問題がある場合、尾行の域を超えて、許可なく住居の敷地などに侵入するなどすれば不法侵入罪として犯罪になってしまうおそれもあります。

素行調査の尾行は犯罪になる?

浮気の場合、浮気をしている人にも後ろめたいところがあるので、尾行されたのがわかっても、犯罪ではないかと追及したり、訴えたりすることはあまりないかもしれません。

一方、婚約者の親が娘にふさわしい相手かと婚約相手の素行調査をすることや企業が社員やこれから採用しようとする人が問題のない人物かを尾行させるのは犯罪にはならないのでしょうか。

確かにプライバシー侵害の問題となる場合や企業の場合には今の時代はやりすぎと社会的に責められるかもしれません。

ですが、住居不法侵入罪や迷惑行為条例などに該当しない限りは、犯罪や条例違反などとして訴える術がありません。

尾行はあくまでクライアントの依頼に基づき、探偵業法に沿って行われているものです。

相手に嫌がらせをしようとか、相手を困らせようとしているわけでもなく、相手が嫌がっているのにしつこく付きまとうストーカーでもありません。

ストーカーであるのならストーカー規制法で取り締まることもできますが、目的や態様がストーカー規制法に該当しない以上は取り締まることもできません。

そもそも尾行がばれない

とはいえ、犯罪として取り締まるとか、訴えたいという以前の問題として、プロの探偵なら尾行を対象者に気付かれることはそうそうありません。

相手が犯罪だと警察に通報するような事態にならないので、そもそも犯罪として認識されていないのです。

仮に経験が浅く、対象者に怪しまれるなどすれば、不審者がいる、ストーカーに付きまとわれていると警察に通報されてしまう場合もあります。

その際には探偵事務所に勤務していて業務として行っていることを警察に話し、事なきを得るか、ケースによっては厳重注意などの注意を得て解放されるのが一般的でしょう。