Twitterで身元ばれる?

今の時代、人気アイドルなどに熱愛報道が出ると過激なファンがソーシャルネットワーキングサービスの情報からアカウントを調べ、どこの誰なのかを暴いてネット上に誹謗中傷を書き込み、炎上させてアカウント閉鎖に追い込むといったことがしばしば起こります。

一般のファンと呼ぶにはあまりにも過激な行動ですが、アイドルが好きなあまりに通常匿名で登録するTwitterなどから身元がバレるというのは、SNSを利用すること自体に不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

ただし、あえていくつもアカウントを持っている人もいて、身元がなかなかわからないようにしているという人もいます。

また、アイドルが好きすぎて熱愛報道が許せないあまりに何でもできてしまう人がいる一方で、SNSには詳しくないことから浮気相手のTwitterから身元を特定したくてもできないという人もいるでしょう。

Twitterの身元はバレるのか

Twitterをしている人にとってもっとも気になるのは、Twitterのアカウントから特定の人物を割り出すことはできるのか?ということです。

有名人ならいざ知らず、自分に関する情報は最低限しか公開しておらず、さらには公開範囲も限定しているという場合、普通なら大丈夫と思うでしょう。

ですがイマドキはネット上での人物の特定に長けた者も存在し、ケースによってはアカウントの身元を割り出せるのです。

まずTwitterから身元を割り出す王道の方法としては、カリフォルニアにあるTwitter本社に対し開示請求を行うといった方法でアカウントの持ち主の身元を調べることが挙げられます。

しかしこれは誹謗中傷する相手に対して訴訟を行うといった正当な理由がなければ当然のことながら却下されてしまいます。

通常はツイートの写真から場所を特定し、Twitterとリンクしている先から情報を調べるなどして、Twitter以外からも情報を収集していくという方法がとられます。

熱心なアイドルファンがやるような手口と同じ方法でTwitterから特定の人物の身元を特定していきますので、結論としてはツイートの内容やリンク先が多ければ多いほど、また載せている写真が多いほど、身元はバレやすくなるでしょう。

SNSに強い探偵に依頼するのがベスト

とにかくTwitterから相手の身元を確認したいという意図がハッキリしているのなら、SNS関連のことに強い探偵に依頼するのが良いでしょう。

配偶者の方は単なる浮気のつもりでも相手の女性が本気になっていた場合、意外と安易にSNSに浮気の状況証拠となる写真や品物、場所が特定できる映像を掲載していることは多く、むしろTwitterなどのSNSを利用していないかどうかを調べた方が短期間のうちに経済的に浮気相手が誰かをあぶりだし、浮気をしている証拠さえもTwitterから見つけられる可能性があります。

このように調査方法や流出元も時代の流れに沿って変化しているのです。

今の時代の新たな探偵にはこのような調査方法が求められているのは確実と言えるでしょう。