Tinder 身バレ

気軽に出会える Tinder の魅力

恋人や結婚相手を探している、気軽に遊べる異性の友達がほしいと考えている方たちの間で流行っているアプリが「Tinder(ティンダー)」 です。

Tinder は世界にたくさんのユーザーがいるマッチングアプリで、本社はアメリカにあります。

Facebook と位置情報を利用して、希望の相手を探すことができるのが特徴で、全世界で毎日2,600万以上もの人たちがこのアプリを通して出会っているともいわれています。

日本国内においてもこのtinderの利用者が増えており、特に若い人たちの間で人気となっています。

Tinder の使い方について

Tinder を使うためには、最初に登録が必要となります。

登録が非常に簡単なのもこのアプリの特徴です。

Facebook のアカウント、あるいは電話番号をお持ちであれば、身分証明書を提出することなく登録が可能となっています。

操作の方法もとてもわかりやすくなっており、相手を気に入ったら右にスワイプして LIKE、気に入らなかったら左にスワイプして NOPE するだけでよいのです。

ハートマーク、もしくはバツマークも表示されているので、そちらを利用することも可能です。

自分と相手がお互いに LIKE を選ぶと、マッチングが成立となり、メッセージのやりとりが行えるシステムとなっています。

メッセージ画面はチャット式となっているので、気軽にコミュニケーションを取ることができます。

Tinder は身バレしやすいアプリなのか?

先にも述べたように、Tinder は大手SNSの Facebook と位置情報を利用したアプリとなっています。

そのため、使用する際には、Facebook アカウントを連携させなければなりません。

また、位置情報も送信しなくてはならないため、身バレが心配になる方もいらっしゃることでしょう。

Tinder のユーザーは世界中にたくさんいますから、うっかり身バレしてしまったら一気に情報が拡散してしまうおそれもありますので注意が必要なアプリでもあります。

ただ、しっかり対策を行えば身バレのリスクを減らすことができ、安心して出会い探しを楽しむことも可能なのです。

Tinder で身バレを防ぐにはどうしたらよいのか?

Tinder で身バレを防ぐ方法は、いくつかあります。

登録時に、Facebook か電話番号のどちらかを入力する必要がありますが、絶対に身バレしたくない方は電話番号を選んだほうがよいでしょう。

なぜなら、Facebook のアカウントを使うと下の名前が表示されてしまうからです。

個性的なお名前ですと他のSNSアカウントも特定されてしまい、身バレするリスクが高くなってしまいます。

電話番号で登録しておけば本名が表示されず、ニックネームが使えるので安心です。

プロフィール写真や内容に気を付ける

Tinderで身バレを防ぐためには、プロフィール写真にも注意が必要です。

もしも、Facebook やほかのSNSアカウントで使用している写真を使っている場合には変更しておいたほうがよいでしょう。

SNS写真で使っているプロフィール写真は誰でも簡単に検索できるので、そこからSNSのアカウントがバレてしまうリスクがあるのです。

また、プロフィールの内容にも気を付けなくてはなりません。

本名や住所などを公開しないのはもちろんですが、最寄り駅や職業や特定の趣味などの情報も身バレのリスクが高まるので、できれば入力しないほうが安心です。

Tinder では無料版だとプロフィールに距離が表示されるシステムとなっているので、課金して非表示にしておくのも身バレ防止策としておすすめの方法です。