インスタで身バレするのはなぜ?

流行語大賞にも選ばれたくらい、今や利用していない人の方が珍しいソーシャルネットワーキングサービスと言えば、写真を通して交流するインスタグラム(インスタ)です。

見てすぐに内容が分かることと、見栄えが良いことが爆発的な人気につながりました。

若い女性を中心に男性にも人気があり、スマートフォンを持ったことで始める中高年層も少なくありません。

写真が好きな人にとっては文字数は少なくて良く、同じ趣味を持つ人と簡単につながれるため、のめり込んでいく要素が多いのがインスタグラムの特徴です。

これらの要素が、SNSの中でも飛びぬけて人気がある理由になっていると言えます。

インスタで身バレしたという声が続出

ソーシャルネットワーキングサービスに共通する要素として、本名や住んでいる場所などを一切出していないのに、なぜか身バレしてしまったという人が多いことです。

少し前は、本名での登録が必須だった Facebook は身バレしやすいとして有名でしたが、ニックネームで登録ができるインスタグラムでなぜ身バレしたのかと、不思議に思う人が少なくありません。

しかも、身バレによって浮気がバレたといった笑えない話もあり、インスタからなぜ身バレするのか理由が知りたいという人が増えています。

インスタグラムに限定して身バレの理由には、大きく2つ考えられます。

アカウント名には誰であるかが一切推測できないようにしたのに、それでもバレてしまうのには無意識のうちにやってしまっている特徴があるのです。

その1 Facebook 連携でバレてしまう

インスタへの新規登録には、メールアドレスを使う方法と Facebook と連動させる方法があります。

このとき、すでに Facebook を利用している人は簡単なこともあって Facebook からアカウント登録してしまいがちですが、この場合、Facebook つながりの人から身バレしてしまう可能性が非常に高いのです。

特に Facebook を早期に始めた人は、本名で登録していることが多く、むしろ身バレしないのがおかしいくらいです。

分かった相手は悪気なく広めてしまうのですが、結果的に浮気相手がいることがバレてしまうといった事態に発展してしまいがちなのが、Facebook との連携の落とし穴と言えるでしょう。

その2 投稿内容でバレてしまう

インスタグラムは写真をメインに多くの人とつながり、いいねという評価をもらうことが楽しいソーシャルネットワーキングサービスです。

そのため、たいていの人は自分にとって好きなものや関心のあることについて写真をアップし、いいねをもらいたいと考えています。

この好きなもの、関心のあるものに対してこだわりが強い人ほど身バレのリスクが高まるのです。

なぜなら、ディープなことまで知っているとなると、これはあの人に違いないという推測が成り立ってしまいます。

推測の元に投稿された写真やコメント内容を見ていくと、ますます合致する点が見つかり、最終的に見覚えのある写真などが出てきてしまった場合に、それが確たる証拠となることがしばしばです。

いいねが欲しいがためにこだわりの写真を掲載したところ、あまりにもこだわりが強すぎて身バレの原因を自ら作り出すところは、インスタというソーシャルネットワーキングサービス特有と言えるでしょう。

身バレは意外と簡単な不注意から起こっている

インスタから身バレをしてしまうと、インスタは怖いという気持ちが強く残ってしまいます。

けれど、実際にはインスタグラムそのものの機能からではなく、自分自身の不注意や何気ないことが原因で身バレしていることが多いのです。

写真に明らかに場所が特定できるものが写っていて、こうした写真が何枚も投稿されていれば、住んでいるところまで特定するのも簡単です。

個人情報が写り込んでいても、自分にとって見慣れた光景だと案外気付かないため、不注意が身バレを引き起こす一番の理由と言えそうです。