身元保証とはどういう意味なのか

世の中にはよく耳にするけれど、その意味はなんとなく理解できているようないないような、あるいは全く誤解をしているという場合もあります。

身元保証という言葉も、言葉から推察するに、漠然とある特定の人物の身元を保証することという、曖昧な印象による理解しかできていないのではないでしょうか。

身元の保証には、大きく分けると2つの定義があります。

一つはある人に関して、その人となりについては自分が保証するという、人同士のつながりの中で保証する人が存在する場合です。

もう一つが、企業が雇用するにあたってもしも会社に損害を与えた場合、当人に代わってその損害を弁償する人物を立てる場合です。

いわゆる身元保証人と呼ばれる人物で、こうした人がいなければ雇用契約を結ばないという企業も多くあります。

リスクがあると判断されているということ

企業が人を雇用するにあたって、興信所や探偵社に素行調査を依頼するというのはよくあることですが、身元保証については企業はより強い確信を持って、雇用した人物が会社に与える損害を危惧していると言えます。

どうしても受け入れざるを得ない人物を雇用する場合にも、身元保証人を立て、さらには書面も作成させることから、会社に損害を与えるリスクが限りなく高いと判断されていることを嫌でも認識せざるを得ないわけです。

会社が危惧する損害とは、雇用した人物による不法行為や、債務不履行によって生じる損害だけでなく、病気やケガといったことで働けなくなったとき、故意である場合は当然ですが、まったく何の過失もない場合でも、損害が生じたら雇用時に取り交わした契約が効力を発揮します。

何の過失もない場合に発生した損害も対象になるという点に、いかに会社が危惧しているかがわかると言えるでしょう。

法律における明確な定めはない

企業が人を雇うにあたって、必ず身元を保証する人物を定めるべしといった法律は存在しません。

それでも企業がそうした人物を求めるのは、先に述べたように会社に損害を与える可能性が高いものの、どうしても雇わざるを得ないときに多いと言えます。

あるいは、全社員の雇用時に行っている会社もあり、この場合はもしも損害を与えた際の保険という見方が強いと言えます。

今後、労働力不足から外国人労働者の雇用が多くなると見られ、身元保証人の要求はいっそう厳しくなるでしょう。

一方で雇われる側の身元を保証してくれる人物の確保は、かなり困難になると考えられます。

法的に定めがない以上曖昧になっていますが、法律においてハッキリと定めるべきところまで、日本の労働人口確保は切実な問題となっています。

それに対して法整備が遅れているのは明らかで、とはいえ、言葉もあまり通じない外国からやってきた人を雇い入れる企業の不安も当然のことだという問題が山積で、複雑な問題を解決する打開策を早急に進めるべきときに来ているのは確かです。

雇われる側も自衛が大事

故意・過失にかかわらず損害賠償を請求されるとなれば、雇われる方も自衛策が必要です。

自分を信じて身元を引き受けてくれた人のためにも、会社側の言い分が一方的に通る状態を阻止しなければなりません。

それには就業規則をしっかりと理解し、雇用された側の責任はどこまでなのかということと、企業側に落ち度はないのかという点をハッキリと見極められるようにしておくことです。

さらに、法的な拘束力はありませんので、身元を保証する人や書面を出すことを拒否することもできます。

ただ、どうしても仕事に就きたい人は多いと考えられることから、身元を保証する人がいない、あるいは書面で提出するのに不安があるといったことを、率直に採用担当者に相談するのも一つの手です。

企業としては一人でも多くの人が欲しいだけに、率直に話してくれれば柔軟に対応してくれる可能性が出てきます。